深夜のブルネイ観光

マニラからブルネイに飛んできました✈︎
乗ってきたのはロイヤルブルネイ航空。
ブルネイ航空
3月から成田からの直行便も出るようになったということで興味が湧いて、
LCCよりも3000円高かったけどこっちを選びました。

そしたら距離的に無いと思ってた機内食も出て、
LCCじゃ機内食もほとんど課金制だし、
機内食が3000円とは言わないけど、サービス的にもこっち選んで正解だったかなと。

そしてブルネイに着いたのが夜中の1時前。
宿は予約無し、ノープラン、店も全然やってない
さあどうする…となって、空港泊を決意し、
ちょうどコンセントが近いベンチを見つけ、安住の地を確保しようとしたところでした。

きっちりとした格好の人に日本語で話しかけられました。
最初は追い出されてしまうのかなと一瞬思ったのですが、そんな感じでもなさそう。

英語9割:日本語1割くらいで話をしていると、
彼はなんとロイヤルブルネイ航空の職員ということが分かりました。
\乗ってきたよ~/

宿は?ノープランなの?みたいな話になって、
うん、何も無いよって言ったら、まじかよって言われました。
ちなみに彼は まじかよ が口癖です。
まじかよと思う話は日本語でリアクションしてくれます。
一体誰が教えたんだ。

ちなみに今ブルネイは不倫や同性愛は死刑になるとか、
法律が厳しくなったってことで話題になってるよって話をしたら、
あれはBBCが騒いでるだけ、ブルネイ国内じゃ盛り上がってないし、ブルネイは至って平和だよって。

温度差。
まあ仮にあったとしてもバレなきゃいいって話なんですかね(超小声)

そんなこんなで、じゃあ分かった、今から観光に連れてってあげると彼は言うのです。
彼はちょうど仕事終わりだった模様。

でも、え?今から?
と思いつつ、彼の車にお邪魔する。

まず、彼がお腹すいたということで、ご飯。
ブルネイのミーゴレン
シーフードミーゴレンだよ。
ミーゴレンはインドネシアの焼きそばみたいなやつだよ。
フィリピンよりご飯が美味しくてありがたかったよ(小声)

そして、モスクその1。
ブルネイのオールドモスク
ブルネイといえばこれ!みたいな建物。
名前が長くて覚えられない…
(スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク)

そしてそして、モスクその2。
ブルネイのニューモスク
でけえ。さっきのよりすげえじゃん!
見る順番逆じゃなくてよかったかもしれない。(?)
これも名前が長くて(ry
(ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク)

あと王宮も見に行きましたが、
ブルネイ王宮
よく全体像が見えませんでした。

他にもドライブしながらいろいろ見ましたが、
その間に彼が安宿を取ってくれました。

しかも、さっきのご飯もおごってくれて、
宿代もこれ足しにしてくれとほとんど払ってくれました。

こんなに人に甘えていいのか…
いや、宿代はいいからって言ったのですが…

ただ、チェックインが10時からなので、
頑張って時間つぶしてねとのことでしたが、
宿が6時から開いてたので、6時すぎに行ったら、
まずはロビーみたいなところで座ってていいよとのことだったんですね。

でもその時あまりにも疲れすぎてて、
テーブルに突っ伏して寝てしまったんですね。

そしたら開いてたダブルルームに通してくれたんですよ。
WiFiのパスワードも教えてくれた。

ブルネイ人優しすぎかよ…
普通のシングルルーム代しか払ってないのに、
3時間早くチェックインできて、
ダブルルーム使わせてもらって、
むしろ追加でお金払うわって感じでしたね。(払ってないけど…)

ちなみにお宿はここです。
Joy Rest House(部屋:C2, 予約で18ブルネイドル)
JoyRestHouse
https://www.booking.com/hotel/bn/joy-rest-house.ja.html

シャワーは弱いけどお湯が出ます。
廊下は寒いくらい冷房が効いてますが、
部屋は普通です。WiFiは早くはないです。

そんな感じで、とりあえず寝ます。

つづく

検索フォーム

プロフィール

kdi

Author: kdi
遠くに出かけるのとおいしいものを食べるのが好きです。

メールフォーム