中東の世界遺産レビュー

(12) エルサレムの旧市街とその城壁群
★★★★★
ヨルダンによって登録。
ユダヤ教、イスラム教、キリスト教が凝縮された、世界史の権化みたいな場所。
2度訪れたが、新市街も新市街で好き。

イスラエル
(12) マサダ
★★☆☆☆
ロープウェイで上る城砦。
ユダヤ戦争でユダヤ人最後の場所となる。
最後の砦という言葉がふさわしい場所。

(13) テルアビブの白い都市―近代化運動
★☆☆☆☆
なんで世界遺産なのかはよく分からないが、テルアビブ自体はビーチもあって悪くない街。

パレスチナ
(12) イエス生誕の地: ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路
★★★☆☆
これがパレスチナにあるおかげで、パレスチナに入れた。
ルンビニ(仏陀)と同様、聖誕教会内にはここで生まれたよ~という場所がある。

トルコ
(13) イスタンブール歴史地域
★★★★★
一番好きな都市の一つ。
アヤソフィアが特に好きだったが、モスク化の話が気になるところ。。

イラン
(13) イスファハーンのイマーム広場
(13) イスファハーンのジャーメ・モスク
★★★★☆
分ける必要があったのかは分からないので、まとめて流石の「世界の半分」と称しておく。
青の綺麗さが際立っている。
関連記事

検索フォーム

プロフィール

kdi

Author: kdi
'10から海外旅行にハマる。
'14の秋ぐらいからオタクになり、
'17からはとある方のイベントを中心とした生活に。
'19はイベントで2回海外に行くこともできました。
イベント行きつつ旅もしたい日々。

メールフォーム